surfboard oneお勧めサーフボード

テイクオフをマスターするために選ぶサーフボード

波のトップから音も無くスルスルっと力強く滑り出す

初心者サーファーが一番最初に夢をみる瞬間ですね。

サーフィンのすべてのマニューバは最初のこのテイクオフ一つで全てが決まってしまいます。中級者から上級者へとステップアップする時もこのテイクオフとゆうのが圧し掛かってきます。

テイクオフの瞬間に少しでも自分に余裕があれば変化する波にも対応する余裕が生まれて波を最後まで綺麗にメイクできるようになります。

必死になってギリギリやっとの思いでテイクオフが出来るような短くて浮力が少ないサーフボードを選ぶと、そこのところで根性論で体力をアップさせてテイクオフのスピードを上げていくしかなくなります。


自分の体力でテイクオフが少し楽ができるくらいの長さから始めたほうが楽しい

楽しいから続けられて、続けるから上手くなる。

サーフィンで一番難しいテクニックはカットバックでもエアーでもありません。

サーフィンを続けることです

普段からスポーツなどをしていても相手は海、自然のパワーには勝つことが出来ません。海の中での動きに慣れるまではかなりやっつけられるはず。ここは謙虚に一番やさしいコースから入ることが大切です。

女性なら228.60cmのファンボードが最適NSPサーフボード BettyFun7'6
幅がロングボードと同じなのでテイクオフにかなり余裕が生まれます。乗れる本数が増えれば楽しさはマックス
まずは楽しいが一番
こちら↓↓↓
NSPファンボードBetty7'6"
¥59,500円




男性にはテイクオフが早く、取り回しターンがイージーなミニノーズライダー
NSPサーフボード 8'2乗りこなしていけばボトムターンやカットバックもマスターしやすいクセのないモデル。ロングボーダーのセカンドボードとしても人気が出てきているサイズです。
コチラ↓↓↓
NSP Long 8'2・248.92cm
¥65,200円


まずはテイクオフをマスターするために手軽なサーフボードを選びましょう。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。