surfboard oneお勧めサーフボード

フィッシュボードの選び方

深いカービングボトムターンから大きなラインをとってラウンドハウスカットバックでスープに当て込んでリエントリー。

フィッシュボードの醍醐味ですね。

一般的にフィッシュボードはテイクオフも楽で、動きもショートボードに劣らないと言われていますがチョイスを間違えるとそうでもないようです。

ボードインプレッションなんかを見てみるとショートボードより3インチ程度短いものがお勧めとゆうのが良く書かれています。実際に小波で使用する場合5'8"ぐらいがよく動いてくれて楽しいんですがそれは普段5'11"から6'0"ぐらいのショートボードを乗りこなせている人の目安だと思います。

ショートボーダーのセカンドボードとしては文句なしに5'8以下をお勧めします。

パワーの無い波でもレールを入れると前へ前へとボードが走り、オンショアのダラついた小波でも楽しくサーフィン出来ると思います。

ドナルドタカヤマ レトロクアッドフィッシュ ドナルドタカヤマレトロクワッドフィッシュ5'8
FISHにQuadのドライブ感を加え、よりHigh Performance性能を向上させています。
やや、ロッカーを抑えたデザイン・イーグルノーズ・厚みを落とし込んだスワローテール・レトロなアウトラインで、カービングからタイトなターンも楽しめるQuad Fishを、AVISOが再現しました。
アルメリックサーフボード FISHCUIT 5'8 QUAD アルメリックサーフボード THE FISH CUIT 5'8"QUAD
アルメリックの名機ビスケットを4フィンに改良したキラーモデル。考える限り一番短いボードに乗って、早く、スケートボードのようなクアッドに乗りたいサーファーにお勧めのモデルです。
レインボウサーフボード フィッシュボード RAINBOW SURFBOARD BACON QUAD 5'8"
アウトラインは細めで、ウィングこそダブルですが絞込みは浅くスワローも深いのでスピード性はもちろん抜群!BACON QUADは圧倒的なテイクオフの速さとサイズを問わず波を乗り継ぐ容易さと安定性を無理なく味わえる1本です


ロングボーダーが選ぶ時は6'2"以上がお勧め

普段ロングボードを楽しんでいるとどうしても波待ちをアウト寄りにポジショニングしてしまいます。意識して波を待つポイントをインサイド寄りにしてもテイクオフのタイミングとポジションが慣れないためにそこで苦労をしているようです。

普段9'0"以上のロングボードでサーフィンをしている方には6'2ぐらいの長さであれば十分過ぎるほどの短さで、動きの自由さを味わうことができるでしょう。

マイクヒンソン フィッシュボードマイクヒンソンツインザー フィッシュボード6'2
レトロツインの進化系フィッシュボードのツインザーは4枚のフィンが設定されていますが、一般的なクアッドフィンとは異なりキールフィンからの進化で、4枚のフィンが同じ角度で設定されていてフィンによるドラッグ(引きずり)が無くレールを入れたときのドライブスピードは驚きの一言です。
マイクヒンソン フィッシュボード マイクヒンソンブラックナイト クアッドフィッシュ6'2"
ブラックナイトはマイクヒンソンとショーンマティソンとのコラボデザイン。ヒンソンのレトロデザインにショーンマティソンのニュースクールスタイルが吹き込まれて高い次元でのフュージョンが生まれました

surfboard oneお勧めサーフボード

テイクオフをマスターするために選ぶサーフボード

波のトップから音も無くスルスルっと力強く滑り出す

初心者サーファーが一番最初に夢をみる瞬間ですね。

サーフィンのすべてのマニューバは最初のこのテイクオフ一つで全てが決まってしまいます。中級者から上級者へとステップアップする時もこのテイクオフとゆうのが圧し掛かってきます。

テイクオフの瞬間に少しでも自分に余裕があれば変化する波にも対応する余裕が生まれて波を最後まで綺麗にメイクできるようになります。

必死になってギリギリやっとの思いでテイクオフが出来るような短くて浮力が少ないサーフボードを選ぶと、そこのところで根性論で体力をアップさせてテイクオフのスピードを上げていくしかなくなります。


自分の体力でテイクオフが少し楽ができるくらいの長さから始めたほうが楽しい

楽しいから続けられて、続けるから上手くなる。

サーフィンで一番難しいテクニックはカットバックでもエアーでもありません。

サーフィンを続けることです

普段からスポーツなどをしていても相手は海、自然のパワーには勝つことが出来ません。海の中での動きに慣れるまではかなりやっつけられるはず。ここは謙虚に一番やさしいコースから入ることが大切です。

女性なら228.60cmのファンボードが最適NSPサーフボード BettyFun7'6
幅がロングボードと同じなのでテイクオフにかなり余裕が生まれます。乗れる本数が増えれば楽しさはマックス
まずは楽しいが一番
こちら↓↓↓
NSPファンボードBetty7'6"
¥59,500円




男性にはテイクオフが早く、取り回しターンがイージーなミニノーズライダー
NSPサーフボード 8'2乗りこなしていけばボトムターンやカットバックもマスターしやすいクセのないモデル。ロングボーダーのセカンドボードとしても人気が出てきているサイズです。
コチラ↓↓↓
NSP Long 8'2・248.92cm
¥65,200円


まずはテイクオフをマスターするために手軽なサーフボードを選びましょう。

surfboard oneお勧めサーフボード

サーフィン初心者のサーフボードサイズ

サーフボードに書いてあるサイズをどのように判断すればよいのか解れば貴方にとってのマジックボードに出会えるチャンスが近づく。

サーフボードのサイズはインチやフィートだったりセンチメートルだったりして僕もいまだによく解りません。一般的にショートボードで多いのがフィート表記で5'11.センチ表記になると180.34cmとゆうことになります。

ロングボードで主流の長さが9フィート、センチで274.32 cm。3メートルに少し足らないと思うとかなり大きい。セダンでは車内には入らない大きさだ。

サーフボードが9フィートと長ければ波のパワーを敏感に拾い、小さなパワーでも滑り出す特徴を持っているが、波のパワーが大きくなると押さえ込むのに体力と高度なテクニックが必要になります。

逆にフィート表記で5'11と短ければ波のパワーが大きくなければサーフボードを走らせるパワーが得られません。浮力も少ないためパドルも筋力が欲しくなるところです。



初心者が狙うのはミドルレンジで、ヒザからムネぐらいの波をターゲットにした7フィート・213.36cm8フィート・243.84センチ前後がお勧め

テイクオフはそこそここなせる自身があってボトムターンやトップターン。プルアウトやカットバックといった基本ターンの練習をしようと思えば6'8”203.20センチ。

NSPサーフボード ファンボード6'8
NSPファンボード6’8”

女性向デザイン ファンボード6’8”




とにかくテイクオフを確実に覚えたい人が選ぶ長さが女性が7’6”男性が8’2”ぐらいの長さ。

こちら↓
NSPサーフボード BettyFun7'6
女性向きのサーフィン初心者サーフボード7'6"・228.60cm

NSP Long 8'2・248.92cm










サーフィンスクール
愛知県伊良湖のサーフィンスクール

surfboard oneお勧めサーフボード

サーフィン初心者週末サーファーのサーフボードの選び方

初心者がサーフボードを選ぶときは自分の体力に合わせたサーフィンが楽しめるように、小波で楽しく乗れるサーフボードを選べばサーフィンは楽しくなる。

サーフポイントの近くでお住まいでない方の場合毎週末サーフィンに出かけるのがマックスで1年で54週で108日ぐらい。それも冬も毎週欠かさずサーフィンをして108日前後です。

真冬はオヤスミして春から。ぐらいのリズムでサーフィンをするなら短いショートボードを乗りこなすようになるのはムリ。

DVDで見るようなアグレッシブなターンや、きわどい波を軽々とテイクオフしていくのは、DVDに出ているトップライダーのゴッツイ体があるからですよね。

あれぐらいのボディーを維持しようと思うと1年を通してほぼ毎日サーフィンをしてプラストレーニングがあたりまえの世界です。




現実的にカタ〜アタマぐらいの波は初心者のうちは恐怖的なサイズなわけで、楽しいな、と感じる波のサイズはヒザ〜ハラぐらいです。ましてや台風の波でオーバーヘッド、なんてゆうのは初心者は周りに迷惑をかけるだけなので絶対にやめよう。

そうなってくるとターゲットがコシ〜ハラぐらいの波で気持ちの良いサーフボードはどんなのがいいだろうか?とゆうことになる。

ほぼ毎週末冬も頑張ってサーフィンできる人なら6f前後のトランジッションボードが普通にテイクオフ出来るようになるのに2年ぐらいかな!?

冬はオヤスミして暖かいときのんびり楽しみたい方であれば、浮力のある7f〜8fをお勧めします。

NSPサーフボードLong 8'2はテイクオフはロングボードと変わらない速さで、取り回しはイージーでミニノーズライダーとしては安定性の高いデザインになっています。

まずは普通にサーフィンができるようになるためのエントリーボードに最適だと思います。

こちら→NSPサーフボード Long 8'2

ケビンコネリーシェイプのマジックカーペットもテイクオフがイージーで体力が強くないかたでも楽しめるデザインになっています。

大人なデザインなので40歳ぐらいでデビューしてみようかな?と思っている方にピッタリです。

こちら→yuサーフボードMAGIC CARPET 7'2"









サーフィンスクール
愛知県伊良湖のサーフィンスクール

サーフィン初心者のサーフボード選び方

まずはコシ〜ハラぐらいの小さな波をスイっとテイクオフして波のフェイスを気持ちよくまっすぐすべる。

2輪車でいえばママチャだったら誰でも乗れるけれど、それがレーサーだったら誰でも乗れるものではありません。サーフィンも初心者がトップライダーがコンテストで使っているサーフボードに乗ろうと思ってもムリだと思います。

ここでいう初心者とは初めてサーフボードに乗ろうとする人。エントリーする人のことをいいます。

最初に思うことは『サーフィンができるようになりたい』

波に乗れるようになりたい

とゆうことです。


サーフボードは回転性、曲がりやすさを求めると安定性が犠牲になります。ハデなターンを決めたくなると安定性をテクニックでカバーして回転性の高いサーフボードをチョイスするようになっていきます。

波に乗れるようになりたい。とゆう目的に合わせると安定性の高いサーフボードが楽しいサーフィンになると思います。

安定性の高いサーフボードとは長くて、幅の広いサーフボード。ロングボードになってきます。

しかしロングボードのデメリットは大きすぎて取り回しが悪く、コントロールするには難しいサーフボードです。あるていど波の上でサーフボードをコントロールできるようになって初めて乗れるようになったと思えるようになるわけなので、コントロールの難しいロングボードは始めての方にはあまりお勧めできません。

現実てきにはこんなコンディションで遊ぶことが多くなります。



ロングボードでは大きすぎて入ってくる波にタイミングを合わせるのに体力とテクニックが必要になってきます。

そこで取り回しが楽で、パドルが楽な長さを考えると7f〜8f前後。幅が21inc前後のファンボード、もしくはトランジッションボードあたりが楽しそうです。

サーフボードのノーズがあまり尖っていない、アウトラインの直線的なデザインはパドルがイージーでテイクオフも早いボードです。

フィンはターンすることが目的ではなく、乗れるようになりたいとゆうのが目的なのでシングルフィンがお勧めです。

フィンの数だけ直線抵抗がかかるのでパドルに影響が出てきます。トライフィンやクアッドフィンはターンをアグレッシブにするものなので、乗れるようになるとゆう目的ではシングルフィンをチョイスですね。

まずはコシ〜ハラぐらいの小さい波をスイっとテイクオフして波のフェイスを気持ちよくまっすぐすべる。

ここに目的を絞ってサーフボードを選びましょう。

お勧めはこちら

女性なら228.60cmのファンボードが最適NSPサーフボード BettyFun7'6
幅がロングボードと同じなのでテイクオフにかなり余裕が生まれます。乗れる本数が増えれば楽しさはマックス
まずは楽しいが一番
こちら↓↓↓
NSPファンボードBetty7'6"
¥59,500円




男性にはテイクオフが早く、取り回しターンがイージーなミニノーズライダー
NSPサーフボード 8'2乗りこなしていけばボトムターンやカットバックもマスターしやすいクセのないモデル。ロングボーダーのセカンドボードとしても人気が出てきているサイズです。
コチラ↓↓↓
NSP Long 8'2・248.92cm
¥65,200円


まずはテイクオフをマスターするために手軽なサーフボードを選びましょう。



ケビン・コネリーMAGIC CARPET 7'2"

NSP Long 8'2

yuサーフィボード マジックロケット ケビンコネリーシェイプ







サーフィンスクール
愛知県伊良湖のサーフィンスクール

surfboard oneお勧めサーフボード

どんなサーフィンがしたいのか?

サーフィンを楽しむのに一番大切なことはどんなサーフボードを選ぶのか!?とゆうところです。

一言にサーフィンと言ってもサーフィンにはいろいろな要素が含まれていて海の波で遊ぶとゆうことの総称になると思います。

大きな波をピークからダイナミックにドロップしたいとか、メローなハラ前後の波をロングボードでノーズライディングを楽しみたい。コンテストで結果を残したい、初心者なのでテイクオフできるようになりたい、テイクオフできるようになったのでカットバックができるようになりたい、エアーが決めたい。

これらは全部異なったサーフボードが必要になります。

見た目のデザインだけで選んでしまうとなかなか上達しなかったり、以前より調子が悪くなったり、初心者はぜんぜんテイクオフが出来ないまま挫折してしまったりします。実際そんな人を沢山見てきました。

サーフボードを選ぶときに大切なことは今自分が何がしたいのか!?

何が出来て、何が出来ないのか!?を良く考えて目的に合わせたサーフボードを選ぶことです。

このコーナーでそこのところを少しずつアップしていきます。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。